初心者の日帰り登山に必要な基本のおすすめ装備

日帰り登山部

日帰り登山の装備品

寒い冬や暑い夏に活躍する2大「保温ボトル」とそのほか

投稿日:

寒い冬でも、山の中でアツアツのカップ麺が食べたい。

そんなときに必要になるのが熱湯です。

山のなかで熱湯を手に入れるためには、その場で沸かすか、熱いお湯を冷めないように持っていくしかありません。

その場で沸かすためには、ストーブなどの熱源が必要ですが、日帰り登山であれば、最初から熱いお湯を持って行った方が簡単です。

2大保温ボトル。サーモスとモンベル

熱い液体の水温を以下に逃さず維持するか。

メーカーの技術者さんたちはいろいろ考えました。

昔は、保温ボトルといえば、いわゆる魔法瓶で、内部が真空になっていて、さらにメッキ加工が施された2重構造のガラス瓶でした。

魔法瓶のなかは鏡の世界。これで熱を逃がさないようにしていたわけですが、ガラス製の魔法瓶はよく割れました。

そうこうしているうちに登場したのが、ステンレスを使った魔法瓶。魔法瓶の老舗、サーモスの売れ筋がコレです。

冬山の定番、「山専ボトル」です。

フタがカップになる構造で、手袋をしても扱えるような構造になっています。

しっかり握れるように本体に滑り止めリングが付いていて、底部分には、衝撃に強いバーが装着されています。

このサーモスに対抗するのが、モンベルのアルパインサーモボトル。

これもフタがカップになる構造で、中栓が6角形になっていて、手袋をしていてもあけやすい。

どちらの保温ボトルも使い方が大事です。

頂上でできるだけアツアツのお湯が欲しい場合は、最初にお湯を入れる前に、ボトルの中に熱湯を入れて、ボトルそのものの温度を上げ、いったんそのお湯を捨てて、改めて熱湯を注ぐ。
これ、ジョーシキです。

缶ビールを冷えたまま運べる保温ボトル

これがスノーピークのシステムボトル。

タンブラーにもなるボトル。しかも、缶入りの飲み物を缶ごと入れて、保冷(保温)バッグみたいな使い方もできるところがミソです。

そのための保冷剤もボトルに付属します。

冷えた缶ビールをこのボトルに入れて山頂へ行けば、キンキンに冷えたままのビールをぐびりとやることが可能なたまらん仕組みです。

300




300




-日帰り登山の装備品

Copyright© 日帰り登山部 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.