初心者の日帰り登山に必要な基本のおすすめ装備

日帰り登山部

日帰り登山記録 雪割草

新潟県の角田山。雪割草とカタクリの状況レポート。2018年3月31日

投稿日:

 

今シーズン3回目の角田山

 

雪割草やカタクリがどう変化していくのかを知りたくて、3週連続で新潟県の角田山へ行ってきました。

2018年3月31日は晴れ。

状況的には、雪割草、カタクリ、イチゲ、ショウジョウバカマが咲いています。

雪割草は花が大きくなって私的には見ごろを過ぎた感じ。

カタクリはまさに満開状態で、斜面にじゅうたんのように咲いていました。

頂上の雪も消えています。

桜尾根をやめて小浜コースに向かう

先週に引き続き、角田岬灯台です。

角田岬灯台

角田岬灯台したの駐車場には先週よりもクルマが多いです。

角田駐車場

桜尾根コースの入り口に向かいましたが、たくさんの登山者が列をなして登っていくのを見て、コースを変更しました。

桜尾根入り口

桜尾根コース入り口を過ぎて、灯台コース下のトンネルを通って、海岸沿いにすすみます。

現在、工事中で、プレハブ小屋が建っています。

小屋裏のここが小浜コースの入り口になります。右方向です。

尾根にあがるまではけっこうな急登ですけど、すぐに尾根にでます。

振り返ると、日本海の向こうに佐渡が見えます。

隣の尾根が灯台コースです。

登山者が見えます。

小浜コースの道はこんな感じ。

しばらく歩くとカタクリの群落が出現します。

今が盛りです。

このコースは、尾根の両側にカタクリが咲いていて、カタクリの中を歩くって感じです。

トレッキングポールは使わない方がいいと思います。

必ず、ポールの先がカタクリを突き刺すハメになります。

角田山の稜線に出ると、三角点があります。

三角点

この周辺のカタクリの大群落は見事としか言えません。

本日はまさに絶好調のタイミングでした。

カタクリを見ながら歩いていくと、灯台コースに合流します。

合流分岐点には、特に標識とかはありません。

頂上はたくさんのひとでいっぱいでした。

頂上からの眺望はイマイチなので、足をのばして観音堂へ向かいます。

ここが観音堂です。

ここから下るのが稲島コースになります。

観音堂からは、遠く飯豊連峰を望むことができます。

カップヌードルを食べました。

 

角田山の下りは灯台コース

灯台コースのカタクリも、今が絶好調です。

先行者が白いカタクリを発見しました。

私も初めてみました。

白いカタクリ

本日のコースです。

写真をとりつつだったので、4時間近く、角田山にいました。

カタクリを見るにはベストタイミングだったと思います。

300




300




-日帰り登山記録, 雪割草
-,

Copyright© 日帰り登山部 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.