ザック 日帰り登山の装備品

オスプレーのケストレル38の旧タイプを買ってみたレビュー2016

更新日:

ブチョーです。

寝袋が必要な山や旅のときに使っていたザックがいよいよ寿命を迎えました。

私の相棒と言ってもいい数十年モノのザックなので愛着はありますが、限界です。

んで、アウトドアショップへ行きましたら、オスプレーの2016年版ケストレル38の新製品が陳列されていて、その脇のSALE品のワゴンに旧モデルのケストレル38が値引きされて積まれていました。

s-P1100806

▼amazonだと旧タイプはこんな値段

私の胴の長さからするとM/LよりもS/Mサイズのほうがちょうどいいのですが、このケストレル、ショルダーハーネスの取り付け位置をベルクロで上下無段階調整できます。

ショルダーハーネスが調整できる構造はこの動画を見るとわかります。

ザックに仕込まれたベルクロを、手を突っ込んでベリっと剥がすとショルダーハーネスの付け根がザック本体から外れます。

↓これが通常の状態です。

ケストレル38

引っこ抜いている途中です。

P1100860_R

ベルクロを引きはがして、ショルダーベルトの付け根を完全に取り出したところです。

P1100859_R

ワゴンセール品のM/Lサイズのケストレルのショルダーハーネスの付け根をいったん引きはがして一番下の位置へ動かして背負ってみたら、あら、ぴったりだわ。

購入しました。

ケストレル38の型落ち品でザックの進化に思いをはせた

数十年使ってきたザックNIPPIN ZOOM FRAME(ニッピン)と並べてみます。

ニッピンのザックは中国でネズミに齧られ、穴をあけられたこともある思い出深いザックです(雨蓋内に干し牛肉を入れていたのです)。

s-P1100803

隔世の感があります。

ここ数十年のバックパックの進化を目の当たりにしているかのようです。

ひっくり返してみます。

s-P1100805

ニッピンのザックにはヒップベルトがなかったので、自分で適当に追加したのですが、見た目はチープでアレですがしっくり来てました。

ケストレルのヒップベルトは幅広で安定感があります。左右ともポケット付きです。

雨蓋にはオスプレーのロゴマーク。

s-P1100812

オスプレーのケストレル38の動画を集めてみた

私が買ったのと同じ旧タイプのケストレル38の説明動画がありましたので、貼っておきます。

こっちはイケメン兄ちゃんがモデルの説明です。

こちらは元気な姉ちゃんが説明してくれる動画です。トレッキングポールをザックに簡単に装着できるトレッキングポールホルダ(stow on the go :ストウオンザゴーアタッチメントシステム)の使い方を説明してくれます。

ケストレル38の型落ち品を買ってよかった点

トレッキングポールをザックに装着できる機能がやっぱり便利なところ

トレッキングポールを使って登山していて、鎖場なんかに来た時にトレッキングポールをザックに取り付けられる機能です。

ザック本体脇のループにポールの先を突っ込んだら、このループにグリップを通して固定します。

ケストレル38

レインカバーが付属していて、専用の収納ポケットも装備されているところ

ケストレルはレインカバーを標準装備しています。

そのレインカバーが仕舞われているのがこのポケット。

ケストレル38レインカバー

ジッパーをあけると。

ケストレル38レインカバー

深紅のレインカバーが出てきます。

P1100869_R

レインカバーと本体はテープで結ばれています。
風で飛ばされたりしない工夫です。
もちろん切り離すことも可能です。

P1100870_R

かぶせてみます。

P1100872_R

レインカバーの下部には絞りが付いています。

P1100873_R

ザックのケツ部分もジッパーで開けてザックの底の荷物も取り出せるところ(新モデルでは、側面にもジッパーが追加されています)

ザック本体は内部で2気室になっています。仕切りの布はフンドシタイプで、片側だけが本体に縫い付けられていて、もう一方は取り外しできるようになっているので、1気室にすることも可能です。

背中のムレムレ感がかなり軽減されるところ

胸のベルトの位置調整ができて、緊急用の笛も付いているところ

胸のベルトは無段階でスライドさせることができます。

グイっと動かすと動きます。

ケストレル38胸ベルト

ホイッスルです。

P1100855_R

雨蓋ポケットにキーホルダーが付いていること

こーゆーのは地味にうれしい機能です。カギをしっかりクリップできます。

ケストレル

雨蓋ポケット内側にあるメッシュポケット

これも地味にうれしい。スマホの予備バッテリーとか財布とかを入れます。

P1100888_R

ケストレル38の型落ち品を買ってマズかった点

腰ベルトのポケットに愛用の小型デジカメが入ると思っていたが、キツキツだったところ

これは自分の持っているデジカメの大きさによると思いますが、さっと取り出せてさっとしまえるかと思ったら、けっこキツキツでした。

大きさ的に、入ることは入ります。

P1100875_R

P1100874_R

サイドポケットに500ccのペットボトルを入れるとなんかたよりないところ(落としそう。新モデルでは改善されています)

入ることは入ります。ちょっと浅めなので、角度によってはツルっと出てきそうな不安が残ります。

ケストレル38サイドポケット

ケストレルのマイナーチェンジ

数か月前に登場したケストレル38の新製品は、旧製品に対して、

●サイドジッパーが追加されて側面から内部へのアクセスができるようになった
●細身の体系でもヒップベルトを十分締められるように、ヒップベルトのポケットの横寸法を小さくした

って所が大きな変更点ですって店員さんが言ってました。

背面のメッシュのポケットに縦のラインが左右に入っていて、Kestrel 38の文字があるのが最新版のケストレルです。

旧モデルの背面ポケットにはこの縦ラインがなくて、オスプレーの鳥マークしか描かれてません。

▼コレは最新モデルのケストレル38

オスプレーのケストレル38。旧タイプとモデルチェンジした新タイプの違いはここだ

300




300




-ザック, 日帰り登山の装備品
-,

Copyright© 日帰り登山部 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.