お役立ちツール

登山に持っていくなら安心大容量なこのモバイルバッテリーAnker PowerCore。余裕の13000mAh!

更新日:

今やスマホは人生の命綱。

登山する場合はさらに重要なアイテムになっとります。

携帯電波圏外でもGPSは機能するし、スマホは緊急のライト代わりにもなります。

しかし、スマホも電気がなければタダのお荷物。

モバイルバッテリーが大切になるわけですね。

これまではパナソニックのものを使っていましたが、だんだん性能が落ちてきましたので、新たに買いました。

今回選んだのはコレです。

Anker PowerCore 13000を見よ

どうです? このモバイルバッテリー。

セール品を¥ 2,799で入手しました。

メーカーは、Anker。こんな会社です。

Anker(アンカー)は2009年、米Google出身の数名の若者達によって創設されました。当社のミッションは、お客様のデジタルライフをより便利に、快適にする製品を、信頼できる品質・お求めやすい価格で提供させていただくことです。販売開始以来、米国・欧州各国・日本で高い評価をいただいており、オンラインセールにおいて商品ジャンル毎の売上1位を獲得しております。

▲出典:AnkerHP

USBを2ポート備えてますので同時に2台充電できます。

サイズは約97×80×22mmで、重さは約240g。

出力は5v、最大3Aの電流を流すので、フルスピード充電が可能です。

Micro USBケーブル、トラベルポーチ、取扱説明書、18ヶ月保証、カスタマーサービスが付属します。

Anker PowerCore13000をレビューしてみる

amazonで買ったらすぐに届きました。

Anker PowerCore13000の外箱です。

きれいな青空色と白で、おしゃれです。モバイルバッテリーが入っているとは思えないパッケージデザインです。

ふたを開けます。

今回買ったのは黒です。

丁寧に梱包されています。

本体の下には付属品が入っている小箱。

中にはキャリングケースとUSBケーブルが入っています。

んで、説明書。

カード。

Happy?

Not happy?

PanasonicのQE-QL201と比べると一回りでかいです。

ああ、QE-QL201ってこんなんです。

本体寸法 約高さ22×幅70×奥行62mmで、容量は5,400mAh。

本体質量は約142gです。

Anker PowerCoreをS7 edgeと並べるとこんな感じです。

本体にはブルーの小さなライトが4つ並んでいて、ボタンを押すと、この青いライトが残量に応じて光るので、電池残量がわかります。

全部点灯すれば100%です。

充電してみます。

満充電になると、ライトはすべて消えます。

USB端子は2個。

このモバイルバッテリーは防水ではありませんので、山に持っていくときは、念のため、ラップでぐるぐる巻きにするつもりです。

300




300




-お役立ちツール

Copyright© 日帰り登山部 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.