番外遠征記録

Snow Peak 雪峰祭 2017に行ってきた。場所は本拠地新潟県三条市 Headquartersだよん

更新日:

スノーピークといえば、いまや東証一部上場企業で、日本を代表するアウトドアメーカーです。

最近ではアパレルにも乗り出し、そのブランド力を拡大中です。

取扱い製品の価格帯が高いことでも有名です。

んで、そのスノーピークの恒例のお祭りが「雪峰祭(せっぽうさい)」。

2000年から行なわれているこの雪峰祭は、今年は、スノーピークの本社がある新潟のHeadquarters、大阪の箕面キャンプフィールド、大分の奥日田キャンプフィールドの3つのキャンプフィールドと 全国の直営店やスノーピークストアで6月10日と11日に同時に開催されました。

んで、今回われわれは、スノーピークの本社がある、新潟県三条市で行われた2017年春の雪峰祭に行ってきましたのでレポートしてみます。

スノピ本社。目指すは北陸自動車道の中之島見附IC

このたび行った会場はココ。

Snow Peak Headquartersです。つまり、スノーピークの本社です。

関東方面からスノーピーク本社へクルマで行く場合、関越自動車道を進み、北陸自動車道に入り、中之島見附ICで高速を降ります。

そこから、県道210号線 と 県道213号線 を通って、三条市 中野原 を目指します。

場所は新潟県三条市の山のなか。

こんなところに本社があるのって感じの山里に、突如として出現するウルトラ基地って感じです。

今回の雪峰祭2017春の目玉--鼓童公演

本日は2017年6月10日の土曜日。ここSnow Peak Headquartersでの 雪峰祭は、6月10日と11日の2日間行なわれます。

われわれ日帰り登山部は朝の9時20分に現地に到着しました。

われわれは基本的に日帰りの登山部なので、スノーピークのメイン商品であるところのオートキャンプ用の大きなテントは必要とはしておりません。

本日のお目当てはコレでした。

佐渡に拠点を置く太鼓芸能集団、鼓童の公演です。

最近は初音ミクや玉三郎とも共演しています。

今回の公演は13:30からで、入場無料の太っ腹です。

スノーピークのHPによれば、公演者7名による60分のコンサートです。イス席もあるが数に限りがある。用意した数を超えたら立ち見。さらに入場制限を行うかもねと書かれています。

事前にわれわれは次のような情報もつかんでいました。

【雪峰祭(せっぽうさい) 2017 -春- 鼓童公演 入場整理券配布のお知らせ】
今週末6/10(土)に開催の雪峰祭2017春 初日のHeadquarters会場では、佐渡島を拠点に国際的な活動を展開する太鼓芸能集団「鼓童」の公演が決定しております。
当日会場内での混乱を防ぐため、事前に入場整理券を配布させて頂きます。
■入場整理券配布日時
6/10(土) 10:00~12:00(無くなり次第終了)

■入場整理券配布場所
スノーピーク本社 クリエイティブルーム(鼓童 公演会場)
※入場整理券はお一人様1枚まで先着順とさせて頂きます。(代理での券の受取はできません)
※椅子等の物品を使用しての場所取り行為は禁止とさせて頂きます。
物品を確認した場合には、撤去させて頂きます。
※入場整理券配布が全数に満たない場合、13:00以降先着にて、整理券をお持ちでないお客様もご入場頂けますが
混雑を避けるため、事前の入場整理券の取得をお勧め致します。
※開場は13:00を予定しております。入場整理券の番号に従って入場して頂きます。
※座席数:200 立ち見席:100(見込)

▲引用:株式会社スノーピーク fbページ

鼓童の無料公演ともなれば、キャンプ好き関係の人間だけでなく、芸能好きの層も殺到する可能性が高い。

入場整理券配布の30分前には現地に到着したほうがいいだろうとゆー読みで行動しました。

雪峰祭そのものは朝9:00の開場です。

【入場料】
無料
【日 時】
6/10(土)昼の部9:00~16:00/夜の部18:00~21:00
6/11(日)昼の部9:00~15:00
【場 所】
新潟県三条市中野原456

すでに、わんさか人がいますが、入口付近にクルマを停めることができました。

数人の誘導員が次から次へとやってくるクルマを振り分けています。県外ナンバーもいっぱいです。

9時半少し前に受付を済ませて「オリジナルロゴ入り雪峰祭うちわ」をもらいました。

受付で「鼓童」公演についてたずねると、すでに整理券を入手するための列ができていますと親切に教えてもらいました。

行列に並びます。すでに100人は並んでいると思われます。

約30分、本を読みながら待ちます。

読んでたのはこの本です。

上高地へ行ったのでウェストン著『日本アルプスの登山と探検』を読んでみた

新緑の上高地に行って、その風景にいたく感動しました。 毎年、上高地ではウェストン祭が開かれ、ウェストンは日本アルプスの父と呼ばれているわけですが、ウェストンの有名な著書をまだ読んだことがなかったので、 ...

続きを見る

あっとゆー間に30分経過し、10時きっかりにチケットの配布が始まりました。

100番代の席をゲットしました。早く来た甲斐があるとゆーものです。努力は報われます。

これで公演を座ってみることができます。

このとき10時7分。

集合時間まで、会場内を探索します。

Snow Peak 雪峰祭 2017 キャンプエリア

この雪峰祭では、無料でいろんなものが配られていました。

まずもらったのは「オリジナル紙ふうせん」。雪峰祭のロゴ入りです。

となりのスペースにはネットが張られていて、紙風船でバレーボール風のゲームをやってました。

即、遊べる空間が用意されているのはさすがです。

このSnow Peak Headquartersは本社とショップの建屋の隣に広大なキャンプエリアが広がっています。

んで、そこには当然スノーピークのテントだらけ。

この期間にここでキャンプできるのは、抽選予約に当選した人だけって話です。

さすがオートキャンプなんで、キャンプ道具の量が充実しています。

地面はこんな感じ。草で覆われています。

だもんですから、ソリ遊びも可能。

キャンプエリアには炊事棟があり、お湯もでます。

消し炭の処理法です。

 

となりはゴル場です。

 

キャンプエリアから見た本社社屋はこんな感じです。

 

キャンピングカーも集結しています。

Snow Peak 雪峰祭 2017 食べ物いろいろ

雪峰祭は、飲食も充実していて、プロのお店が出ています。

まずここ。

地元燕三条の背脂ラーメンだそうです。

ブタの皮下脂肪が降りかかっている醤油味のラーメンだそうです。背脂で表面を覆うことで、スープが冷めにくくなるんだそうです。

うどんと間違うような太麺で、「新潟五大ラーメン」の一つだそうです。

こんなラーメンです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ラーメン】燕三条背脂らーめん しょうゆ味 208g(2人前)
価格:324円(税込、送料別) (2017/6/14時点)

 

そのラーメンを食べてる人です。

どこかで見たことがある人だと思ったら、スノーピーク社の山井社長その人でした。

んでこちらは、「朝日山利き当て大会」。無料です。

新潟の酒造会社、朝日酒造様による清酒「朝日山」の利き当て大会です。

朝日山酒造がつくっている4種類のお酒(百寿盃、千寿盃、純米酒、萬寿盃) をまず飲んで味を覚えたあと、銘柄不明のお酒を1杯飲んで、その銘柄を当てます。

あたった人には朝日山の「お猪口」がプレゼントされます。

一方こちらは、「燕三条イタリアンBit」というお店。

第10回居酒屋甲子園にて、参加1,482店舗の頂点にたった新潟市の有名店だそうです。

うまそうな肉塊が焼けていました。

お値段です。

そしてこちらはお寿司屋さん、 しながわ 葵。

築地、銀座、青山の店を経て六本木グランドハイアット東京に10 年勤務され、合計約30 年の経験を積んだ店主が、東京品川で営む寿司店が出店とのことです。

残念ながら、お寿司はありませんでした。

んでこちらはコーヒーと甘味系。ツバメコーヒーさんです。

 

こちらはカレー。Snow Peak Eatです。

そしてここが「スノーピークグランピング」。グラマラスなキャンピングです。

スノーピークの製品を使って肉やピザを焼いてます。缶ビールも買えます。

 

メニューです。

 

スノーピークの製品を使って調理するところに意味があるみたいです。

 

焼いてます。

仔羊の炭火焼です。

飲食ブースの席はいっぱいだったので、地面に座って食べました。

もともと小さいのですが、かじったあとなので、さらに小さくなっています。

味はクセもなく、柔らかなヒツジ肉の風味を堪能できました。

 

とろーりチーズのベーコンポテトです。

紫色の物体はイモです。

こちらもおいしくいただきました。

値段との兼ね合いがビミョーですが、ま、お祭り価格とゆーことで。

 

 

雪峰祭で販売されている食べ物はおおむねお祭り価格ですが、

その一方で食べ物の無料配布も行わていました。

まず、おにぎりの無料振る舞い。

膨大な量のおにぎりが配られていました。

おにぎりがどんどん届けられています。

そのへんのコンビニおにぎりではありません。

新潟県産こしひかりの塩鮭おにぎりで、雪峰祭のロゴも入っています。

 

 

おにぎりが配布される一方で、餅つきも行われていて、こちらも無料で配られています。

突然の雨で屋内に逃げ込む

急に雨が降ってきたので、屋内に逃げ込みました。

鼓童公演の準備がすすんでいます。

おこちゃま向けのこんな企画もあります。

無料です。

 

スノーピークの歴史を語る品物が展示されていました。

その昔は山井商店だったのですね。

こっちはグッドデザイン賞。

この本社を作ったのは大成建設なんですね。

屋根の上には太陽光発電も付いています。

鼓童の整理券はすでになくなっていました。

 

この雪峰祭ではアウトレットの販売も行われています。

会場は熱心なスノーピーカーで溢れています。

スノーピークの製品はめったに安売りされないので、この機会はスノーピーカーには貴重なようですが、商品知識がないとどれがお買い得なのかわからないので、われわれは参戦できませんでした。

スノーピーク本社のショップものぞいてみる

ショップでは、スノーピークのあらゆる製品が販売されています。

これは薪です。

ベアブリックです。MedicomToy社が販売している「デジタルなテディベア」のシリーズです。

 

amazonでも買えます。

こっちはおちょこ。チタン製です。

 

そろそろ再集合の時間なので会場へ向かいます。

 

定刻どおりに公演は始まり、アンコールののちに終了しました。

公演中の写真はありません。

迫力のあるいろんな演奏パターンを見せてもらい聴かせてもらって満足しました。

ビリビリと共鳴する重低音はやっぱりナマで聴く醍醐味でした。

今度はちゃんとお金を出してチケットを買って、鼓童のコンサートに出向きたいと思いました。

アンケート交換用限定ステッカーを帰りにもらいました。

 

われわれは午後4時にはここをあとにしましたが、雨もあがり、夜はライトアップされたいろんなイベントが行なわれたとのことです。

翌日の日曜日は実にいいお天気でしたので、キャンプには最高だったのではないでしょうか。

初めて行った雪峰祭でしたが、スノーピークの人気の秘密がわかったような気がします。

 

 

 

300




300




-番外遠征記録
-

Copyright© 日帰り登山部 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.