日帰り登山の装備品 登山トレーニング

効果的な登山トレーニングのための心拍計付き腕時計を選ぶ【動画あり】

更新日:

21世紀に入って20年近く経過しただけあって、腕時計はかなりの進化をとげています。

腕時計のなかにGPS機能や心拍測定機能が組み込まれるのはフツーのことになってきました。

登山するための体力アップのためのトレーニングでは、活動中の自分の心拍数を知ることが重要になってきます。

んなわけで、巷に出回る心拍計付き腕時計を並べてみました。

トレランランナーが使ってる「エプソン WristableGPS J-350B」

腕時計に、電子ペーパー表示技術を使った「EasyView Display」を搭載したことがウリの高機能なGPSランニングウオッチです。

これもエプソン J-50T/K/B

EasyView Displayが装備されていないタイプがJ-50シリーズ。

VO₂max(推定計測)はアプリでだけ確認ができます。

番外:いろんな機能が付いていながらお手軽価格のエントリーモデル「エプソン WristableGPS Q-10G」【注】心拍計は付いてないの

ガーミンから出たシンプル・スマートウォッチ「ForeAthlete 35J」

老眼の人にも見やすいシンプル画面のスマートウォッチです。 しかも軽くて薄い(本体重量37.7g、サイズ35.5×40.7×13.3mm)。

スマホとはBluetoothで簡単に同期します。

レースでも活躍するガーミン「ForeAthlete 235J」

スント・スパルタントレーナーとの比較レポート動画がありました。

VO2Max(最大酸素摂取量)も計測できます。

【2019年8月 追記】

ガーミンのランニングウォッチのラインナップに、高機能でリーズナブルなモデルが登場しました。

前出のForeAthlete 35の後継機となるガーミン GARMIN ForeAthlete 45 です。

現時点で最もコスパに優れる心拍計機能付きの腕時計です。

同じ機能を持ったサイズの小さいタイプがこちら。

スント・スパルタントレーナー

前出の動画で比較されていたスント・スパルタントレーナーはコレです。

トライアスロンやトレランにも対応するマルチスポーツモードとか、防水性に優れたスイミングモードを搭載しています。

50m防水仕様です。

これは安い。ポラール「M200」

いたれりつくせりのアップル・スマートウォッチ「Apple Watch Nike+」

時計じゃなくて活動量計という選択 iwown「IWOWNfit i6 pro」

300




300




-日帰り登山の装備品, 登山トレーニング
-

PICKUP記事と広告

Copyright© 日帰り登山部 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.