ザック

アウトドアブランドの3way旅行用バッグ3種。どれ選ぶ?

更新日:

最近は日帰り国内出張が多かったんだが、今回、2年ぶりくらいに3,4泊の海外出張に行くことになったのである。

これまで使っていた旅行用の50リットルくらいのバッグはズタボロになっていてもう寿命。

このあたりで新調せねばなるまい。

んで、3,4泊くらいの出張に使える旅行用バッグをあれこれ探してみた。

最近の旅行者は、国内旅行でも、ほとんどが車輪と伸縮する持ち手が付いたポリカ樹脂製のスーツケースを使ってらっしゃる。

ガラガラと荷物をひきずるその姿は、往年のバックパッカーから見るとちょっとなじめない。

バッグに車輪が付いていて、それで路面を滑走したあげく、土間だけでなく室内にまで入れるとゆーのも昭和の日本人的には受け入れがたい。

自分の荷物は引きずらずに、自ら持つか背負うべしとゆー刷り込まれた考えから抜けられないので、スーツケースの形としては、いざとなったら背負うことができる3wayタイプに落ち着くのだった。

とゆーわけで探したところ、以下の3種類が見つかりました。

●モンベル トライパック45 高さ55×幅36×奥行き24cm  1,010g 45L 税込み15840円

●パタゴニア トレスMLC 45L 高さ53×幅41×奥行き17cm  1420g 45L 税込み27500円

●オスプレー トランスポーター グローバルキャリーオンバッグ 高さ55×幅36×奥行き23cm  1540g 44L 税込み18700円

それぞれについて詳しく調べてみます。

モンベル トライパック45

日本の総合アウトドアブランドの筆頭といえばモンベル。

モンベルは、登山用ザックだけでなく、旅行用バッグの分野でもいろんなバッグを作っています。

んで、そんなトラベルバッグのなかの1つがこれ。トライパックです。

トライパックには30Lのトライパック30と今回調べているトライパック45があります。

カラバリはブラック(BK)、カーキグリーン(KHGN)、ネイビー(NV)の3色展開。

実際にモンベルショップにでかけて手にとってみましたが、ほんとに軽量。1,010gです。

ノートパソコン用のポケットと傘用のポケットを備えています。

機能的には十分なのですが、本体にドカンと「mont-bell」のでかいロゴが入っていて、これは趣味の分かれるところではあります。

とはいえ、このトライパックはリーズナブルな価格が魅力です。

紹介動画があったので貼っております。

 

パタゴニア トレスMLC 45L

パタゴニアの定番バッグといえば、MLC。

MLCとは「Maximum Legal Carry-on」という意味です。つまり、最大合法的持ち込み(サイズ)。機内持ち込みできる最大サイズってことですね。

んで、パタゴニアのMLCはマイナーチェンジを繰り返しながら、現在も定番品として販売されています。

そのため「ヘッドウェイ・MLC」とか「ブラックホール・MLC 」など、同じMLCという名前を持った製品群が中古市場を含んだマーケットに混在しています。

んで、その流れのなかで生まれたのが「トレスMLC」。「ブラックホール・MLC 」の生地がフィルムラミネートされたツルツルの素材だったのに対して、今回の「トレスMLC」はポリウレタンコーティングのナイロン生地になっています。

時間をかけて改良されてきただけあって、いろんな工夫がされた製品ですが、値段がなあ。あと「ヘッドウェイ・MLC」に比べて「トレスMLC」ではpatagoniaのロゴが大きくなっています。

公式の紹介動画がありますので、どうぞ。

 

 

オスプレー トランスポーター グローバルキャリーオンバッグ

オスプレーは、登山ザックではお世話になっています。

そのオスプレーが作っている旅行用バッグがこれ。トランスポーター グローバルキャリーオンバッグです。

このバッグもオスプレーのおなじみの鳥マークが入っていますが、色的に控えめでそれほど主張していません。

機能的にももりだくさん。メインの荷室は1:2で分割されているので、好みの分かれるところですが、私的には好みです。

これも動画がアップされていますので、どうぞ。

 

まとめ

 

これら3つのバッグからどれ選ぶ?

 

 

 

結局私は、オスプレーを選びました。

その顛末はまた後日。

300




300




-ザック

PICKUP記事と広告

Copyright© 日帰り登山部 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.