ウインドシェル

ウインドシェル。早い話が登山用ウインドブレーカー。どれ選ぶの9選

投稿日:

毎度。電気男です。

山の風や気温は中途半端なもので、さっきまで暑かったのにいきなり寒いとかありますよね。

行動中は汗をかくほどなのに、小休止をしただけでいきなり身体が冷えるってこともあります。

そんなときに最適なのが、いわゆるウインドシェル。

一昔前なら、ウインドブレーカーって呼ばれてました。それより昔のころはヤッケですかね?

ちなみにヤッケはドイツ語由来だそーですよ。

んで、私は、ウインドシェルに、数年前にUNIQLO(ユニクロ)で買ったポケッタブルなフード付きのものを使ってます。重量は約150gのペラペラの製品です。

軽量ですがこれ1枚着れば風を防いでくれ、全く蒸れることもないので重宝していました。

撥水機能付きだったんですが、その撥水機能も失われ、撥水スプーレーをかけるものの、その効果も数回の登山で消えるようになりました。

 

 

んで、ウインドシェルの買い替えを検討し始めた私でした。

各社のウインドシェルを見てみますよ。

ウインドシェルの定番パタゴニア フーディニ・ジャケット

ド定番のロングセラーモデルです。

カラバリも豊富で重量は102g。

マーモット(Marmot) フライトライトウィンドシャツ Flight Light Windshirt

重量42gの超軽量。シャツなので、フードはありませんが、ホントにウルトラライト。

生地は、12Dのナイロン。脇下部分のベンチレーションを備えています。

 

マーモット Marmot F-Light Hiker Parka

これもマーモット。重量約100gのパーカータイプのウインドシェルです。

ブラックダイヤモンド アルパインスタートフーディー

ブラックダイヤモンドの軽量ジャケットです。 内部チェストポケットに収納できるポケッタブルなタイプです。

重量は250g。

ピークパフォーマンス Peak Performance フレモント ジャケット Fremont Jacket

軽量性と伸縮性を兼ね備えたウィンドジャケットです。

素材は100%ポリエステルで質量は160g。ジッパー付ポケットとサムホールがあります。

OMM(オリジナルマウンテンマラソン)  ソニックジャケット

トレイルランナー御用達の重量60gの超軽量ジャケットです。

ケツの方が伸びているのが特徴です。ドロップテイルってゆーそうですよ。

マウンテンハードウェア ゴーストライトプロジャケット

これはちょっと重くて276gのジャケット。

なんで重いかってゆーと2層構造だからです。

防風・撥水生地の裏にメッシュの裏地が貼られています。

おかげで、ベタつきや蒸れが軽減されます。

フードは収納可能です。

サロモン(SALOMON )ウィンドシェルFAST WING HOODIE

ミレー LDトリロジーシールド2Lフーディー

2層構造のフーディーですが、重量は200gに抑えられています。

いろいろありすぎで、迷いますなあ。

300




300




-ウインドシェル

Copyright© 日帰り登山部 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.