未分類

『ランニング登山』昭和61年に発刊された革命的書物。快速登山とも。いまでゆーところのトレランの草分け。

更新日:

ランニング登山

日帰り登山部部長のブチョーです。

今日は、本棚の奥にあった本をひっぱりだしてみました。

昭和61年(1986年)に出版された本です。私が20代の頃に買ったものです。

お、アマゾンではプレミア価格になっています。

山と渓谷社から出版され、定価は980円でした。当時はまだ消費税がない時代でした。

ランニング登山

カバーの裏に、著者の熱い言葉が引用されています。

ランニング登山

平成の現代では、日帰り登山コースでも軽装のトレイルランナーが駆け抜けてゆく姿は当たり前のものになっていますが、昭和のあの当時、山を走るなんて、バカ? と思われていたのです。

著者は下嶋渓さん。ランニング登山を提唱して名前が渓谷の「渓」とはかっこいいなあと思っていましたが、これはペンネームで、本名は下嶋浩さんです。

工学博士で、専門は機械工学、機構学、ロボット工学。東京工業大学で助手、助教授、教授を歴任される一方で、この書籍によってランニング登山を提唱されました。

今でいうところのランニング登山の国際的第一人者です。

1999年、マッターホルンでの登山中に滑落事故で死去されました。

高校時代、私は山岳部員でしたので、夏山合宿のシゴキの一環として、頂上手前数百メートルから頂上に向かって走らされたことはありましたが、好き好んで山を走る人はいませんでした。

ただ、下りは転がるよう降りてきた記憶があります。

この本、復刊希望が出されています。

図書館なんかでも、探せばあるかもしれませんね。

300




300




-未分類

Copyright© 日帰り登山部 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.